独自の刃物で 独自の機械で 独自の製品を

With your own knife , with your own machine , make your own products.

信の恵スライス研究所

2016年3月、有限会社 北島マシンナイフより、研究部門を独立し、「信の恵 スライス研究所」をたちあげました。一般的に上手に切ることが難しい、「柔軟性・弾力性のあるもの」を切ることを得意としております。刃物の最適化から、スライス装置の設計・製作まで行います。

”切る”ことにお困りの方、お気軽にご相談ください。

柔軟性素材・食品のスライスカットの研究

ゴム・ウレタン・発泡材・断熱材等の、柔軟性のある素材を、任意の厚みにスライス及びカットする装置の開発

食材の新たな、カット方法の研究開発

 

工業用刃物及びスライス装置の開発

従来求められていた精度をさらに追求しながら、より高度な製品の開発

関連装置の修理、改造、メンテナンス

既設機、従来装置の改善・メンテナンス・修理

(他社からの購入品の取り扱い有)

 

ちょっと一言

共に歩いて(過去)、共に歩き(現在)、共に歩く(未来)、小さな幸せミッツケタ
日本経済新聞

日本経済新聞

日本経済新聞に載せていただきました。

茨城新聞

茨城新聞

茨城新聞に載せていただきました。 😉

特許

特許

特許出願中 早く認定されればいいですね。

ごあいさつ

おかげさまです~
当社の製品は全て影の仕事です。
表に出ないものばかりで、陰になって働いております。
「おかげさま」という言葉を大切に考え、陽気ぐらしおかげさまです~ をキャッチフレーズに、
日々、お客様の顔を想像しながら、もの創りに励んでおります。

刃物とは本来 どんなものなのでしょうか…

「野菜を切る 肉を切る」これは命をつなぐため
「材木を切る」家を立て生活をつなぐため
「布を切る」寒さを温みをつなぐため
「刃物を研ぐ」 石に削られ身をいためて、初めて味を出す。

一生懸命に、いい味を出したいものです。

「切る」という刃物の根底に、 私達は一つ一つの想いをこめております。
「物を切り開く」刃物は切るもの又つなぐもの
「未来を切り開く」縁の下の力持ちでありたい
「刃物はつなぐために有るもの」切らなければ、開かない、又つなぐことは、出来ない。
一つ一つの想いを大切にし、私たちの商品が世界のためになるよう、
影で支えていけたらと思っております。

株式会社 信の恵スライス研究所  代表取締役 北島 正信